実在した「福の神」

1855年頃の出生。通説では本名は芳賀四郎と言われているが、

親族によれば芳賀豊孝だとの事。
人神の名称として仙台四郎と言われるが、現宮城県仙台市青葉区上杉1丁目あたりに

生家があり生活を営んでいたことから仙台四郎と呼ばれる。

表記の際には旧漢字を用い「仙臺四郎」と書かれる場合も多い。

先天的なものか後天的なものか定かではないが知的障害があったと言われる。ほぼ喋れないとの説も会話もできたとの説もあり、謎が多い人物である。愛嬌のある顔で子供が好きでよく笑っていたと言われる四郎は、時には周りの人間に馬鹿にされることはあれど、多くの人々に愛される存在だったという。

そんな四郎は街中を歩き回りよく食べ物や金品を貰っていたという。愛されキャラ故のことなのか?または四郎に来店してもらうための賄賂的なものであったのか?というのも、四郎は行く先々で無料で飲食や買い物をしていたが、その代金は後に家人が払っていたとの説もあるため、結果的に店側としては売上げに繋がるためである。

そんないろいろな側面はあるかもしれないが、結果として「仙台四郎が立ち寄る店は必ず繁盛する」という噂が広がり、後に商売繁盛の神様として祀られることになったのである。
ちなみに四郎は自分が嫌だと思った店には絶対に行くことがなかったという。

商売繁盛の神様

仙台四郎が神格化されたのは没後の大正時代。仙台市内のとある写真館が「四郎の写真を飾れば商売繁盛のご利益がある」と四郎の写真を売り出したことに起因する。その後、グッズ化されるなどし四郎のグッズを持っていればご利益にあやかれるといった風説が流布するようになったのである。