仙台四郎の人物像について

みなさん、仙台四郎はご存知ですか?

仙臺四郎とも言われ(1855年頃 - 1902年頃)、江戸時代の末期(幕末)から明治にわたって、現在の宮城県仙台市に実際に存在した人物の「人神」です。



旧字体を用いて「仙臺四郎」とも書きます。

しかし、本名は通説では芳賀 四郎であるといわれています。














こちらが、実際の仙台四郎さんの姿です。

ニコッとした表情が可愛らしく、今にも親しまれていることがわかりますね! 今後、仙台四郎グッズオンライン通信販売サイトでは、仙台四郎(仙臺四郎)の魅力を発信していきたいと思います!














一番の人気商品が、こちらの仙台四郎の色紙です!

商売の神様として、様々な商品がありますがお店にもこちらの商品がたくさん置いてありますね。



魅力的な人神は、人心を引き付ける魅力があったみたいですね!


0回の閲覧